ベビーサイン

ベビーサインとは、まだ上手に話せない赤ちゃんと簡単なジェスチャーで会話する方法です。

個人差はありますが、生後9ヶ月頃の赤ちゃんは「ばいばい」や「どうぞ」の手の動きができるようになります。これも立派なベビーサインです。

開始時期

ベビーサインを教え始めるのは6カ月~1歳半が適切だと言われています。

ひとりでお座りができ、指さしが始まったら教えることができます。

また、ひとり歩きが出来てからだとよりサインを覚えるのが早いそうです。

ベビーサインの教え方

両親や周りの大人が、普段の生活の中でジェスチャーをしながらお話するだけです。

話しかけながら手の動きを見せるだけで、だんだん赤ちゃんがベビーサインを覚えていきます。

メリット

言葉がなくても欲しいもの、今の気持ちなどを伝えられるので、赤ちゃんにとってもお母さんにとってもストレスの軽減になります。

また言葉が話せるほど成長した後、語彙が豊富になると言われています。

参考

Baby Signsとは? 日本ベビーサイン協会

ベビーサイン辞書

2016/02/19 更新

0

+ページを作成する

Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

みんなの感想・コメント